アルギニンピープロポリス

アルギ二ンとはアミノ酸の一種です。
ペットに投与すると、免疫力を高めたり、癌の増殖を抑えたり、炎症を軽減する効果が期待できます。
他にも、癌や糖原病、猫の肝リピドーシス(脂H朋干)および神経疾患にも有用となる可能性があるでしょう。

これらの疾患に効果があるアルギニンですが、奨用量を与える場合は安全であると考えられています。
過剰に投与してしまうと、肝臓や腎臓に必要以上にふかがかかってしまうといわれています。
代謝によって内蔵に大きな負担がかかると考えられているためです。
これによって、下痢や腹痛などの消化器系のトラブルを抱えてしまうことになるかもしれません。
犬や描に体格に応じて1 日当たり 500~3000mgほどに留めるようにしましょう。

ピープロポリスは、蜜蜂が巣を作る際に用いる樹脂性物質です。このピープロポリスはハチの巣を守る免疫システムとして働いています。
これを犬などのペットに投与した場合には、非常に優れた抗菌物質であると考えられています。免疫系を改善する可能性もあります。
しかし、品質に差が大きいとされるプロポリスは、上質なものをずっと入手することが困難であると考えられます。
プロポリス製品に関する効能の多くは、それらの効果を裏付ける証拠が多くないので、多くを期待することは難しいでしょう。
ペットにはちみつアレルギーがある場合には反応を起こすことがあります。注意しましょう。

Leave a Comment