抗酸化物質とは

昨今のペットの多くがフリーラジカルによる有害作用の影響を受けているとされています。このフリーラジカルとは何でしょうか。
フリーラジカルとは、化学物質でしばしば酸素を含み、分子が分裂して不対電子をもつものが発生するときに生じるものです。
やや難しい印象を受けますが、これを一般的な表現で言えば酸化となります。これによってDNAや脂質といった動物のからだに重要な細胞分子や、細胞に限らないさまざまな部分を損傷することが多いと言われます。

この酸化に抵抗する物質が抗酸化物質です。抗酸化物質は酵素や細胞膜およびその他の化合物をフリーラジカルによる傷害からペットを守ることが出来るでしょう。抗酸化物質には、ビタミンA、仁およびE、ベータカロテン、パイオフラボノイド、コ工ンザイムQlO、ならびにペルオキシダーゼ、スーパーオキシドジスムターゼおよび力タラーゼなどの酵素、セレン、緑茶などさまざまなものが知られています。特に女性であれば見聞きしたことある物質も多いのではないでしょうか。

さて、この抗酸化物質は、健康な犬や猫であっても長期的な予防と健康のためには毎日摂取すると良いということが各所で確認されています。抗酸化物質は、健康でない高齢のペットや、なんらかの慢性的な疾患による慢性的な症状に苦しめられているペットにも効果があるでしょう。免疫性の疾患や癌、糖原病、白内障、皮膚炎、歯肉炎、感染症、肝炎、不妊、などなどさまざまな疾患に対して良い方向での効果があることが知られています。

Leave a Comment