サプリメントの飲ませ方

前述したように、犬用サプリメントには様々な形状があります。

形状や成分によっては犬の嫌がるものもあるので、飲ませるコツが必要になります。

ここでは、サプリメントの上手な飲ませ方を紹介します。

錠剤(タブレット)やカプセルを飲ませる場合は、お菓子などに包んで食べさせていいそうです。

それ以外のやり方だと、口の奥に直接置くという方法があります。

アゴをしっかりと持ち、上唇で上の歯を包み込むようにすると、自分の唇を噛むことを防ぐためにおとなしく口を開いてくれるそうです。

舌のできるだけ奥にサプリメントを置き、唇を噛ませないように気をつけてすぐに口を閉じてあげましょう。

このとき、鼻を上に向け、のどをなでてあげると飲み込みやすくなるようです。

粉末状の場合、食事にふりかけるのが一般的なようです。

飲み物に溶かして飲ませる方法もあります。

錠剤を嫌がる犬の場合は、こちらの形状がいいのかもしれませんね。

液体の場合は、スポイトを使用しましょう。

動物病院で針のない注射器を分けてもらえる場合もあるようです。

鼻先を軽く持ちあげるように押さえて、唇の端のほうをまくり上げ、噛み合わせの隙間からスポイトで流し込みます。

飲み込むまでは鼻先を持ち上げたまま待ちましょう。

実は、愛犬に嫌がられないようにサプリメントを飲ませるコツは、小さい子犬のときから口の中に手を入れる習慣をつけ、異物が入ることに慣らしておくことだそうです。

そうすることで、年齢を重ねて薬を飲むことが多くなっても嫌がることなく飲んでもらえるわけですね。

このように、犬用サプリメントには様々な飲ませ方があります。

動物病院に相談するなどして、犬に嫌がられない飲ませ方をマスターすることで、愛犬の健康を維持することもできるわけですね。

 

Leave a Comment