犬の歯周病について

歯周病という言葉については、皆さんもご存知かと思います。人間だけではなく犬にだって当然、歯も歯ぐきもあるため、歯周病のリスクはあります。歯の病気を侮って放っておくと、場合によっては命に影響するような大きな病気であるとも言われているため、愛犬の歯については十分に注意しておく必要があるでしょう。

歯周病は、歯や、歯の周りの部分に炎症が起きたり、菌の感染が起きたりする病気とされています。しかし、歯周病は口の中だけ注意すればいいという訳ではないようで、どうやら、歯の周りに感染した菌が血液中に入り込むと、内臓などの器官にも感染症を引き起こすリスクがあるというのです。時には心臓発作など、大きな病気に繋がるケースもあると考えると、非常にリスクの高い病気であると言えるでしょう。当然、このような大きな病気のリスクを考えないとしても、歯周病になると口の臭いがキツくなってくるので、一緒に暮らす家族や愛犬自身にとっても強いストレスになるでしょう。

 

歯周病には大きく「歯肉炎」と「歯槽膿漏」とがあるようです。

歯肉炎は、歯ぐきが赤く腫れ上がり、よだれが出て、臭いがキツくなるなどの症状があり、歯槽膿漏になると、その症状が悪化し、膿が出るなどの大きな症状が表れ、臭いはさらにキツくなります。歯がぐらつき、抜けてしまう危険性もあるようです。

 

予防としては、何よりもまず小さいときから歯磨きの習慣を身につけておくことが大事だと言えるでしょう。もちろん愛犬に慣れさせるという意味もありますが、飼い主自身が面倒がらないように習慣づけることも大切ですね。また、ドライフードと呼ばれる硬い食べ物や犬用のホネ、ガムなどを与えるのも良いようです。

ちなみに、犬にキシリトールを与えるのは危険であるようです。